いわき市にある歯医者 高瀬歯科クリニック

 
 
 
 
ホームページ
院長紹介
医院案内
インプラント
ホワイトニング
矯正歯科
アクセス
サイトマップ
 
   
 
 
 
インプラント
 
インプラントとは
 
  インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。  
 
一般的な治療とインプラント治療
 

隣接する歯を1,2本失った場合

◯ブリッジによる治療
ブリッジによる治療
両隣の歯を削って人工の歯をかぶせます
●噛む際に削られた歯に負担がかかり痛みやすい
●歯根のない歯茎は、噛むことによる刺激がないため、次第にやせてしまう

◯インプラントによる治療
◯インプラントによる治療
インプラントを埋め込み、その上に人工の歯冠を固定します
○健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる
○歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる

 

複数の歯を失った場合

◯部分入れ歯による治療
◯部分入れ歯による治療
人工の歯を固定するために、金属のバネで健康な歯に固定します
●金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる
●常に違和感がある
●金属のバネが見えて、見栄えが良くない
●金属のバネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除をしないと、虫歯や口臭の原因となる

◯インプラントによる治療
◯インプラントによる治療
人工の歯を両隣のインプラントで支えることもできます
○インプラントは時間の経過とともにあごの骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない
○単独で処置するので、健康な歯をそのまま保てる
○外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない
○特別なケアの必要がない

 

全ての歯を失った場合

◯総入れ歯による治療
◯総入れ歯による治療
人工の歯(入れ歯)を歯茎全体にかぶせます
●入れ歯がぐらついたり、ずれたりする
●硬いものが噛めない
●入れ歯が舌を塞いで、味がわからない
●食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり痛む
●あごがやせてしまったために、年老いて見える

◯インプラントによる治療
◯インプラントによる治療
複数のインプラントを埋め込み、人工の歯を固定します
○インプラントはあごの骨に固定されるため、ぐらつかない
○天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
○食べ物がはさまることはほとんどない
○天然の歯と同様の外観を保つため、年老いて見えることはない

 
インプラント症例
 

症例1

 
インプラント症例
 

歯を支えている根の部分にひびが入った(歯根破折)患者さんです。 根にひびが入ると、歯を残す事は無理ですので、歯を抜き、すぐに インプラントを埋入(即時埋入)した事により痛みが少なく患者さ んの負担が少ない治療方法です。

当院でのインプラント治療は、歯科用CTとマイクロスコープを使用 しておりますので、精度も上がります。

 
 

症例2

 
インプラント症例
 
 
インプラント
ホワイトニング
矯正歯科
診療予約
アクセスマップ
歯医者ガイド
ノーベル・バイオケア・ジャパン
 
     
 


Copyright (C) いわき市 高瀬歯科クリニック All Rights Reserved.